【就業規則 無料診断のご案内】

私が、経営者の味方をするその理由は・・・

会社と従業員で解雇や残業代の未払いなどの争いになった場合、経営者側で仕事をすると、
「社会保険労務士は従業員の味方じゃないですか?」とか「強い方の味方をするんですね!」とか
批判を受けることも少なくありません。

私が、経営者の味方をするその理由は・・・

確かに、従業員は弱い立場かも知れません。しかし、雇ってしまえば問題社員であろうと簡単に解雇できない、会社の売り上げが下がっても給料を簡単に下げることができない、希望する日に有給休暇を与えなければならない、1分でも残業代を支払わなければならない・・・などなど、ここまで法律で保護されている従業員は本当に弱い立場なのでしょうか?他の先進国と比較しても、日本の労働法は従業員を手厚く保護しています。

会社のために、一生懸命働く従業員には、残業代も払うべきだし、たまに有給休暇を与えなければいけないと思います。しかし、仕事もせず会社にいるだけで「残業だ!」と主張したり、しょっちゅう欠勤をするくせに、そのうえ有給休暇を請求してきたり、営業に行く振りしてサボっているような問題従業員がいるのも事実です。

さらに、問題従業員は、ときとして周りを巻き込みます。問題従業員がいることで直接被害をうけるのは、一緒に働く従業員でありお客さまなのです。(実は、私のホームページやブログを見て、同僚の問題行動をどうにかして欲しいという相談もあるんです。)

従業員のモチベーションは上げる前に・・・

よく、「従業員のモチベーションを上げるためには、どのようにしたら良いか?」というご相談を受けます。
従業員の仕事に対するモチベーションを上げれば、仕事にやりがいを感じ、仕事に打ち込む。その結果、売上も上がるでしょう。しかし、従業員のモチベーションを上げることよりも、先にすべきことがあります!
それは、従業員のモチベーションが下がってしまう要因を会社から無くすことです。
つまり、問題従業員によりヤル気満々の従業員がヤル気を無くす、問題従業員により優良な従業員が退職するということを防ぐことが、利益や売上を上げるための第1歩なのだと考えております。

会社の目的

会社の目的は、利益を上げ続け存続することです。最近では、会社は、利益追求だけでなく、社会貢献をしなければならない!!と、いうような風潮があります。

確かに社会貢献は大切なことです。しかし、会社が、儲かることで、従業員に給料を払い続けることと従業員を一人でも多く雇用すること、税金を納めることで道路や公園等が整備されること、社会保険料を納めることで医療や年金の財源となることこそ、本当の社会貢献だと考えています。

儲けて批判される会社は、儲けることが悪いのではなくて、儲ける方法が悪いのです。お客さまをダマすようなことをして儲けているからです。

これだけ、不況で失業者が多いわけですから、人の雇用が現在の大きな社会問題です。従業員の雇用確保は、それを解決するのですから、人を雇用するというのは、りっぱな社会貢献だと思います。また、一人雇用すれば、その人だけでなく、その家族も救われるのです。

会社のルールは、○○と○○

会社の目的は、従業員のチームワークや働き方やバラバラでは、達成できません。
それらを統一するためには、会社のルールが必要です。

例えば、
何時から仕事を始めるのか?何時まで仕事をするのか?
休みは、いつなのか?
病気やケガで休む場合は、どのような対応をするのか?
仕事時間中に、タバコを吸ったり、携帯電話でメールしたりしても良いのか?
遅刻や早退や欠勤があった場合に、給料はどうなるのか?
どのようなときに、どのような手当が付くのか?
ボーナスや退職金はあるのか?
お客様に対して、上司に対して、同僚に対して、部下に対して、どういう態度であるべきか? などなど。

このような、会社のルールは、2つのものから成り立っています。
1つは、労働基準法等の法律です。
1日は8時間勤務にしなさい!だとか、
週1日は休日にしなさい!だとか、
毎月、給料を払いなさい!だとかです。
しかし、会社のルールの中では、法律で決まっていないものがたくさんあります。
例えば、ボーナスの支払いや、退職金の支払いです。
では、法律で決まっていないから、支払わなくて良いのでしょうか?
法律で決まっていないことは、会社と従業員さんとの契約によりルールとなります。
簡単に言うと、会社と従業員との間に、どのような約束があったか?が、ルールの根拠となります。
つまり、会社のルールは、法律と約束で成り立っているのです。

就業規則とは!

会社のルールを文章化したものが就業規則なのです。

就業規則と言うと、
インターネット等でひな形が手に入るから、自分で作るよ!とか、
ずっと前に作ったのがあるから、まだ作らなくてもいいよ!
という社長さんも少なくありません。

しかし、そのような場合、
社長も気付いていないルールが出来上がっているケースが多く見受けられます。

例えば、
全従業員に退職金を支払うルールになっていた!とか、
全従業員にボーナスを支払うルールになっていた!とかです。

社長が気付いていないルールが就業規則に書いていた場合、
社長がどんなに、
ウチには退職金はない!知ってるだろう!
パートには賞与は支払わない!当たり前のことだろう!
と主張してもダメ。

就業規則で定めている時点で、ルールとして守らないといけないのです。

このように、就業規則に定めていることを、従業員から請求された場合、ほぼ100%従業員の請求が通ります。
会社は、従業員に支払わざるを得ないのです。

出来るとしても、
その従業員に頭を下げて、金額を下げてもらうことぐらいです。

また、社内で、どのような行動が問題となるのか?
もし、問題を起こす社員がいたときに、どのような罰を与えるのか?
などのルールがなければ、会社やお客さま、そして良い社員を守ることができません。

無料で診断いたします!

就業規則の重要さはわかったけど、
そんな重要なものを、見ず知らずの人間に頼めない・・・
というお考えを持つのも否定できません。
そこで、御社の就業規則を無料で診断させていただきます!

【特徴 その1】 141項目にわたる、チェック・シートです。
就業規則に関するマニュアル本が多く出ておりますが、多すぎてどれを選んだらよいかわからない。
どの本が良いの?・・・というお声を聞きます。
プロの眼から見ると、リスク管理を重点に置いてあるマニュアル本。
従業員の安心・安全に重点が置いてあるマニュアル本。
マニュアル本ごとに力を入れている部分が違います。
EMagencyのチェック・シートは、141項目のチェック項目があります。
ほとんどの就業規則のマニュアル本に記載されている内容を、ほぼ網羅しております。
[ 診断項目の一例 ]
採用選考時の会社への提出書類が明確になっている。
試用期間中の解雇や本採用取消事由が明確になっている。
出社時刻と始業時刻の違いを明確にしている。
休職期間の給料と保険料の負担について明確になっている。
退職するまでの留意事項(引継ぎ等)についての定めがある。

【特徴 その2】 141のチェック項目を、総則、人事、勤務時間等おおまかに14の項目ごとに分けてあります。
御社の現状の就業規則では、どこの部分に弱点があるのか?が一目でわかります。

就業規則の無料診断は下記フォームよりお申込み下さい!!

就業規則 無料診断のお申込みは、下記メールフォームをご利用ください。(必須項目は必ずご入力下さい)
ご入力いただいた個人情報は、当お申込みにのみ使用し、他では一切使用しません。
詳しくは個人情報保護方針をご確認ください。

会社名・事業者名必須
ご担当者名必須
ご担当者名(カナ)
ご担当者役職
電話番号必須
郵便番号
ご住所必須
メールアドレス必須
個人情報に関する
同意事項必須
▼ 個人情報保護方針
1.個人情報保護方針の理念

 社会保険労務士法人EMagency(以下、「当法人」という)は、社会保険労務士業務を遂行する上で、個人情報の取り扱いに関する方針を定め、厳正に遵守し、社会的責務を果たすよう努めて参ります。本個人情報保護方針は、当法人の個人情報保護への取り組みについて明確化し、社内外にそれを知っていただくことを目的としています。当法人は、個人情報の適切な取り扱いを確実に実践するため、本個人情報保護方針の理解と遵守を徹底します。

以下に個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な保護に努めることをここに宣言します。

2.個人情報の取得、利用及び提供について

 当法人は、適法かつ適正な方法で個人情報を取り扱います。個人情報の取得、利用又は提供を行う場合は、その利用目的を明確にし、ご本人の同意を得て行い、目的外利用はしません。

  1. 個人情報の取得について
     当法人は、個人情報を取得する際、ご本人に対し利用目的を明確に定めて通知又は公表し、その目的の達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。また、ご本人より直接書面によって個人情報を取得する場合は、通知文を作成し、ご本人の同意を得るものとします。
  2. 個人情報の利用について
     当法人は、個人情報の利用の際、ご本人より同意を得た利用目的の範囲内で行います。目的外利用の必要性が生じた場合は、以下のいずれかの場合を除き、その利用について、ご本人の同意をいただくものとします。
     ⅰ.法令に基づく場合
     ⅱ.人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を
       得ることが困難である場合
     ⅲ.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって
       、ご本人の同意を得ることが困難である場合
     ⅳ.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行
       することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることによ
       って当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  3. 個人情報の第三者提供の制限について
     当法人は、ご本人の個人情報を以下のいずれかの場合を除き、第三者に提供しません。
     ⅰ.あらかじめご本人の同意を得ている場合
     ⅱ.前記Ⅱ.ⅰ~ⅳに該当する場合
     ⅲ.特定した利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部又は一
       部を委託する場合
  4. 個人情報の開示・訂正・利用停止等について
     当法人は、ご本人から個人情報の利用目的の通知、開示、個人情報の内容が事実に反する場合等における内容の訂正、追加又は削除、利用停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等」という)のご請求がある場合には、適切かつ合理的な期間、範囲内で対応します。開示等のご請求の具体的な手続きにつきましては、「個人情報のご相談窓口」を設置し、対応します。なお、当該ご請求のうち、開示のご請求及び利用目的の通知のご請求につきましては、当法人所定の手数料(2,000円)をご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。
3.個人情報の取り扱いに関する法令・規範の遵守について

 当法人は、個人情報の取り扱いに関し、個人情報の保護に関する法令及び行政機関等が定めた個人情報保護に関する条例・規範・ガイドライン等を遵守します。

4.安全管理措置の実施について

 当法人は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の適切な予防並びに是正に努めます。

5.苦情及び相談への対応について

 当法人は、個人情報の取り扱いに関するご本人からの苦情及びご相談に対し、「個人情報のご相談窓口」を設置し、適切かつ迅速な対処に努めます。当法人は、お問い合わせをされた方の個人情報を、当法人から回答させていただく目的でのみ利用します。

6.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善について

 当法人は、個人情報保護マネジメントシステムに関する計画を実施し、定期的な内部監査や当法人の代表者による見直しを通じて、個人情報保護マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

7.個人情報保護方針の公開について

 この個人情報保護方針は、当法人のWebサイト(http://www.karouken.com/)で当法人内外に公開するほか、必要に応じて他のメディアでも公開します。

8.個人情報のご相談窓口

 ご本人からの個人情報の取り扱いに関する苦情及びご相談は、以下の宛先にお問い合わせください。
 ・住所 :〒890-0054 鹿児島県鹿児島市荒田1丁目16-27 EMagencyビル2階
 ・電話 :099-263-8923(受付時間 平日9:00~18:00)
 ・FAX   :099-263-8925
 ・URL   :http://www.karouken.com/
 ・e-Mail:info@karouken.com
 ・担当 :大重・山口

9.苦情解決の第三者連絡機関

 当法人は、経済産業大臣および総務大臣により「認定個人情報保護団体」として認定された「一般財団法人 日本情報経済社会推進協会」(略称:JIPDEC)の対象事業者となっております。
 当法人が保有する個人情報に関する苦情については、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会へもご連絡いただくことができます。
 なお、当法人の商品・サービスに関する問合せはご遠慮下さいますようお願い致します。
 ・認定個人情報保護団体の名称 : 一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
 ・苦情解決の申出先 : 個人情報保護苦情相談室
 (住所)〒106-0032 東京都港区六本木1丁目9-9 六本木ファーストビル12F
 (電話)03-5860-7565/0120-700-779

制定日:平成27年5月1日
最終改定日:平成28年5月27日

社会保険労務士法人 EMagency
代表社員 松田 将紀

▼ 個人情報の取扱いについて
  • 1.当法人のウェブサイトよりご入力いただいた個人情報については、下記の利用目的の範囲内で利用させていただきます。
    ① セミナーの受講に関する業務
    ② 労務管理等のご相談に関する業務
    ③ 就業規則の無料診断に関する業務
    ④ 当法人発行の事務所ニュースの発送に関する業務
    ⑤ セミナーDVDの購入に関する業務
  • 2.ご入力いただきました個人情報については、必要なセキュリティ対策を講じ、利用目的の明示及び同意を得ることなく第三者に提供・委託することはありません。また、利用目的に変更が生じた場合は、速やかに通知し、同意を得ることといたします。
  • 3.当法人における個人情報の取扱い(個人情報保護に関する基本方針)は、当法人のホームページにて公表しております。
     URL:http://www.karouken.com/
  • 4.当法人名称:社会保険労務士法人EMagency 代表社員 松田将紀
    個人情報保護管理者:大重
    TEL:099-263-8923  FAX:099-263-8925
    URL:http://www.karouken.com/ e-Mail:info@karouken.com
  • 5.個人情報の開示・訂正・利用停止等の請求があった場合、当法人が定める個人情報取扱規程に基づき応じます。上記連絡先までお問い合わせください。
  • 6.当法人への個人情報のご提供は、法令に定める手続上必要な場合を除き、任意となっておりますが、ご提供いただけない場合、手続の遅延及びお問い合わせ等に応じられない場合がございますのでご了承ください。

 個人情報とは、ご提供される個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、住所、生年月日、個人番号その他の記述または画像もしくは音声により当該個人を識別できるもの(他の情報と容易に照合することによって当該個人を識別することができるものを含む)をいい、その開示または提供媒体を問いません。