【セミナー開催のお知らせ】

「問題社員のリスクマネジメント編 2018」

働き方改革対応!就業規則講座!
社員は、権利ばかり主張をする!と良く言いますが、
御社での社員の義務を決めていますか?

開催日時 平成30年12月15日(土曜日) 午後1時30分~午後4時00分
開催場所 県民交流センター 4階 小研修室 第3
参加料金 お一人さま 9,800円 5,500円 (お二人の場合 ペア価格 14,700円 8,500円)
※御社の就業規則をお持ちいただくと効果的です。
※顧問のお客様は無料で参加できます!
受付期限 平成30年12月13日 午後6時まで
セミナーへの参加申し込みはこちら!!

鹿児島県労働問題研究会 会長の松田です。
 労働基準法では、常時10人以上の従業員を雇用する事業主は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届けなければならないと定めています。でも、「法律で義務だから就業規則を作る。」だけでは、何の役にもたちません。
 私達の目指す就業規則は、会社で働く上でのルールであり、会社のマニュアルであり、会社や社長の目指す方向が理解できるものであり、コンプライアンスと内部統制が取れるものであり、従業員の働く意味がわかるものであり、会社と従業員のトラブルを未然に防ぐものであり、従業員の協調性を高めるものであり、従業員が安心感を持って働けるものであり、従業員のヤル気が出るものを目指しています。
 また、問題社員に適切な対応を取っていないと、問題社員に迷惑を掛けられている優秀な社員のモチベーションが下がります。その結果、良い社員の定着が悪くなる・・・ということが現実に起こっています。
 会社のルールを明確にすることで、従業員は、仕事にやりがいを持ち、会社は、業績を伸ばし続ける。そんな、会社も従業員も幸せになれるツールのひとつとして、「就業規則」を整備していくことをお勧めします。

セミナーの内容は…
  • check 「契約自由の原則」と「労働契約」と「就業規則」。
    なぜ、法律を守っても社内でのトラブルが減らないのか?
  • check 「総則」…御社のパート・アルバイトの定義は?ほとんどの就業規則に削除したほうが良い条文が・・・
  • check 「採用」…面接のとき、採用後、どのような書類を取った方が良いでしょうか?
  • check 「勤務時間」…始業時刻ギリギリに出社する従業員対策は、こう規定しましょう。
    ダラダラ残業、対応規程例。
  • check 「休職」…病気等で会社を休む場合の対応は出来ているでしょうか?
  • check 「有給休暇」」…有給休暇を取るときの社内ルールはありますか?
  • check 「懲戒」…問題行動をした場合の懲戒処分について、適正に運用できていますか?
  • などなど
セミナーへの参加申込みフォーム
20名様限定のセミナーです!! 今すぐ申込みを!!

セミナー参加のお申込みは、下記メールフォームをご利用ください。(必須項目は必ずご入力下さい)
ご記入いただいた個人情報は、当ご応募にのみ使用し、他では一切使用しません。
詳しくは個人情報保護方針をご確認ください。

セミナー名 「問題社員のリスクマネジメント編 2018」
開催日時 平成30年12月15日(土曜日) 午後1時30分~午後4時00分
開催場所 県民交流センター 4階 小研修室 第3
参加料金 お一人さま 9,800円 5,500円 (お二人の場合 ペア価格 14,700円 8,500円)
※御社の就業規則をお持ちいただくと効果的です。
※顧問のお客様は無料で参加できます!
受付期限 平成30年12月13日 午後6時まで
こちらのセミナーへの参加申し込みは受付期限を過ぎたため、締め切らせて頂きました。お申込みありがとうございました。